新コロナウイルス対策

入出時、非接触体温計で検温を行い37.0℃以上の場合強制帰宅していただく

こととなっています。また入出時にアルコールで手を洗浄してもらっています。
教室内では全員マスク着用となっています。忘れた場合は教室のマスクを提供しています。

クレベリンによる室内除菌・光触媒によるウイルス除去・高電圧による

ウイルス除去を行っています。

同時に二酸化炭素濃度測定機器を用い800ppmの濃度を超えた場合窓・

戸を開け換気を行っています。

教室終了後すべての机・椅子はアルコールで除菌しています。

同時にドアノブ・トイレもアルコール消毒しています。

​一般的なウイルスに有効な対策として室温を22℃以上、

湿度を大型化し月2台用い50%以上に保っています。

ワクチン.jpg
21214.jpg
入出時非接触検温実施
​37.0℃以上の場合入出できません
35672.jpg
入出時手のアルコール消毒実施
​教室の手の触れるところをアルコール消毒しています
21213.jpg
21220.jpg
教室内除菌
クレベリンを用いウイルス除去実施
高温多湿一般ウイルス対策
​教室内は22℃以上、湿度50%以上の環境を保っています
21219.jpg
21218.jpg
教室内加湿
ドラム式大型加湿器を
2台フル稼働させ
​湿度50%以上を保っています
35669.jpg
教室内加湿
振動式大型加湿器を
2台フル稼働させ
​湿度50%以上を保っています
22780.jpg
35670.jpg
大型空気清浄機(高電圧ウイルス除去)
学習時間中はフル稼働させ
​ウイルス除去を行っています
co2.png
大型空気清浄機(光触媒ウイルス除去)
学習時間中はフル稼働させ
​ウイルス除去を行っています
二酸化炭素濃度測定機器
学習時間中は二酸化炭素の濃度を基準に
​600ppmを超えた場合、窓を開ける換気を行い400ppm以下にしている
DSC09966.JPG
携帯消毒液無償提供
仁科研全生徒に持ち運び可能なアルコール消毒ミストボトルを無償で配布しています。また入室時手のアルコール消毒をしています。
​エタノール50%クエン酸0.007%クエン酸ナトリウム0.003%
21211.jpg
マスクの提供
仁科研は毎年インフルエンザの時期
​「うつらない・うつさない」を合言葉にマスクを着用してもらっています。そのための在庫が多く2月中マスクが不足している生徒には一箱ずつ配布しました。現在もストックがあり忘れた生徒には着用してもらっています。
23285.jpg
業務用オゾン発生装置
毎日授業終了後、脱臭とウイルス撃退を目的に1時間教室・事務室・トイレ・洗面所にオゾンを充填しています。
安全な環境のもと仁科研の生徒は大学受験に向け学習に取り組んでいます。